ICT活用教育 ICT EDUCATION

学んだ知識を統合して、課題を打開する力を育成するプログラム「ICT活用教育」。実社会において、問題解決の方法はひとつとは限りません。答えを導き出すために、ICTや小論文、ディベートなどさまざまな手法で果敢にチャレンジを行うことで、多角的な思考力、判断力、表現力を鍛えます。

アクティブ・ラーニング

主体的に課題を見つけ、解決する学習

本校では開校当初から、北海道大学・重田先生や東京大学・中澤先生を中心とする専門研究チームと協同して「アクティブ・ラーニング」に力を入れています。他校に先駆け、「聞く」「読む」「書く」「話す」を、主体的かつ能動的な学習へ展開する取り組みを実施してきました。自ら課題を見つけ、解決するまでの過程は重要な学びの機会です。互いの意見を交換したり、iPadを使って調べた情報を編集したり、他の生徒のプレゼンテーションを聞いて新たな視点を発見する。一方的に知識を伝達する授業を超えた、深みのある学習スタイルを体得していきます。

パフォーマンス評価
一般的な筆記テストと異なり、「アクティブ・ラーニング」の評価基準には、思考力・判断力・表現力をベースにしながら、課題解決力のほか、知識や技能を使いこなす力、伝達力などの細かな項目が存在します。評価の判断は各学校に委ねられていますが、本校では「たくましい人間力」につながる独自のパフォーマンス評価を行っています。

オーストラリアのフレンドシップ校とスカイプを通じて事前学習(双方の挨拶の仕方等)をしている様子

最先端のICT環境

1人1台のiPadを用いることで、論理的かつ直感的な学習が可能

本校ではiPadを生徒に1台ずつ用意し、各教科の学習に活用しています。ICT(情報通信技術)を利用した授業では、インターネットを通じた情報収集や、アプリケーションを使ったプレゼンテーション資料の作成はもちろん、きれいな植物の画像から細部をスケッチしたり、運動時に動画を撮ってフォームの確認を行ったりと、視覚的かつ直感的で思考力を育む学習指導を可能にしています。また、校内は無線LANを完備しているほか、スタジオ型教室「SACLA(西武台アクティブ・ラーニング・ラボ)」を設置し、グループ学習やディスカッションなど、多彩な授業形態に対応できる万全の環境を整えています。

eラーニングの応用

新しい教材を効果的に用いて、学校と家庭の学習をつなぐ

ICTを使い、学校の授業だけでなく家庭学習を充実させるための取り組みを、社会科や理科の授業でスタートしています。iPadを通じた勉強法として、授業を動画で記録して復習に応用したり、教師からさまざまな情報を生徒に発信し、予習教材として用いるなど、学校と家庭の学習をスムーズにつなぐ、eラーニングの仕組み作りを推進しています。また、英語科でもNEW TREASUREデジタル教科書等を活用して、視覚・聴覚・体験的に豊かな授業をしています。

TEACHER'S MESSAGE
河野 芳人 Yoshito Kawano

学習の基本を忘れず、新しいツールを上手に活用する教育を推進します。 ICT導入当初、教育現場から教科書がなくなるのでは?と叫ばれていた時期がありました。しかし現在は、普段の授業・学習の姿勢が基本であると改めて感じます。同時に目新しい教材は「書けない」自分や、他人の意見を「聞く」意味などの気付きを与えてくれます。さまざまな学びの手段を上手に活用しながら、すべての教科で、奥行きのある学習を目指しています。